ハードディスクの修理はお早めに|専門業者選びが重要

専門家への依頼がおすすめ

電話する男性

タスクの多くをパソコンで行うことで業務の処理スピードは一気に高まりました。とくに通信速度やCPUの性能が飛躍的に向上してからは、業務のほとんどをパソコン上で行ってからHDへと保存することが一般的となっています。それだけにトラブル発生でデータが読み出せなくなった場合や保存していたはずのデータが消失した場合には業務遂行に大きな支障が生じます。とくに万一のトラブルの備えとして用意していたバックアップ用のHDにトラブルが生じた場合では、消失したデータ内容の全容をつかむことさえ困難となります。HD内のデータが消失する原因は様々ですが、最大の理由はケアレスミスです。ケアレスミスによる破棄などが原因で保存データを失ってしまった場合には、通常操作ではすでにデータ復元ができなくなっていることも多々あります。

ケアレスミスによるデータ消失が明らかとなった際は慌てないことが大切です。このようなケースで最も危険なのが個人でデータ復元を試みる方法です。なぜならHDは操作を行うごとに作業タスクの上書きが行われるからです。不用意な操作によってHD内の作業タスクの上書きが行われてしまうと、メモリやHD内に残っているはずのデータの残片も次々と消失してしまう可能性が高まります。そのため保存したデータが見つからない場合やケアレスミスによって重要な社内データを破棄してしまった際は、速やかに専門業者にデータ復元を依頼しましょう。専門業者に依頼すれば一般的なデータ復元ソフトでは行えない、HDの最深部のスキャンも可能となっているためハイレベルなデータ復元が可能です。